スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぎっくり腰

ぎっくり腰や首が回らないとお越しになられる方がいらっしゃいますが、
たまに言われるのが「思い当たる節がない・・・」

よくぎっくり腰になった時に耳にするのが
かがんだ時とかくしゃみをした拍子に動かなく、動けなくなったという事です。
なのに自分はそんな記憶がない。のに動けない?というのです。

きっかけがあるのが約半分ぐらい
残りの半分はきっかけなく動けなくなるようです。
朝なんとなく痛いなぁと思っていたら夕方には動けなくなっていた。
気がついたら痛くてたまらないといった具合です。

たとえ話をすると
筋肉の状態が100まで疲労がたまるとぎっくりが起こると思ってください。
きっかけがある場合は70とか80の状態から急に動く事で100を超えます。
ゆっくりと疲労が溜まっていて気がつかないうちに95を超えている。
あと5ポイントでぎっくりになるような状態のときに気温が下がった。
緊張する事があったなどで100の状態を超えて筋肉が急に過緊張状態に陥ります。
なので当人は何もしてないのに!?と思ってしまうわけです。
確実にぎっくりを起す前には気がついている、ついていないにかかわらず限界が近づいているのです。
もしそれに気がついて起こる前にそれなりのケアをしてあげられれば回避できます。

そしてそのケアの方法もたくさんあります。
ぎっくりになってしまうと選択肢が限られてきますし痛い思いもしなければなりません。
気温も下がってきてますので注意してくださいね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

toshi

Author:toshi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。